Home Archives March 2010

March 2010

そういう意味で頑固親父

 最近は、映画とかウェブとかの内容が多かったので、たまには本業の方にちょっとだけ関わることでも…

さっきもTwitterで友達がそんな内容をつぶやいてた。
それ見てってわけじゃなく、昨日の昼飯の時にも思ったんだ。
で、いつかブログにアップしようって。

てか、この話、前にもしたことあるかな?


オレはMCでRAPをするわけで、なんでリリックを書くのが一番、時間を使うトコです。
しょうもない内容のリリック書きたくないんで、一応、意味のあるというかそれなりに考えて書いてる。
でもヒップホップのノリの部分も好きなんで、ノリで書いたリリックを否定するわけじゃないよ。
否定するのは、そのどっちでもない、ただなんとなくで出来たものかな。

でもコレが一番多いような気がする…

で、リリックを書く、その間にリズムが出来るから、フローがつくって感じか。

なんでリリック書き終えた時点でRAPが出来たということなのか?
まぁそういうことでしょう。そのあと微調整あるとしても。

決まったビートがあってリリック書くか、リリック出来ててビートもらって微調整するかは、まぁその時の状況です。

そのあとレコーディングして、基本的なMCの一連の行程が終了~

そのあとミックスしてもらって、CDにしてリスナーのもとに。



一応、出来たものに関しては、その時の自分の力を全力で出してるつもり。てか出さなければと心掛けてる。出てるかは?だけど。
なので出来た曲は、普通に聞いて欲しいと思ってます。

じゃぁ普通じゃないっててなると、どうやって聴くんだ?てことになるけど、まぁたとえばCDJでBPM+2で聴くとか。

そんなヤツいないよって思うけど…

(*DJがMIXしたりするときにBPMいじるのは例外。コレはしょうがない。)


レコーディングするときに、トラックに合わせてリズムや声のトーンを、MCとして一番イイと思うものにしてるから、BPM変えて聴かれるのはヤだな。
でもそんなことするヤツはいない、なんども言うけど。

で、極論でいうとBPMを速めにしないと、HAGAKUREのRAPは聴けないなぁって思ってる人には、別に聴かなくてイイよって思うね。




あぁ、かなり前置きが長くなってしまった…

本題に入ります。



「おい!ラーメン屋、特にとんこつラーメン!
麺の硬さをいちいち客に聞くな!」


「店主のベストと思う硬さでラーメンを作れ!」



オレは必ず普通を頼みます。
だって普通が店主がコレだって思って店を出すことを決めた味で硬さでしょ。
色々こだわって考えぬいた結果でしょ?

まず柔らかめを頼むヤツはいない。
ほぼ全員、硬めを頼む。麺は硬ければ硬い方がイイと思ってるヤツは、味覚が死んでるとしか思えない。

まずラーメンの硬さの基準て何?

客のいう硬めは何より硬め?
そのラーメン屋の店主が、コレだって思った麺の硬さが他のラーメン屋より硬い場合はどうなる?


なんでオレの自論だけど、ラーメン屋にはコショウも一味も置かなきゃいいのに。

オレがラーメン屋ならコショウ入れられるのも、嫌だけどなぁ。


オレの曲もそうだし、ラーメンもそうだと思うけど、努力してプライドかけて作り出したものは、そのまま普通が一番であってほしい。

コレ願いです。


と、なんども行ってる店なら麺の硬さを知ってるわけなんで、硬めとか柔らかめと頼むのはイイと思います。

始めて入った店で硬めを頼むのは、そこの店主の力量がわからなくなるよ。

それ以上にラーメン屋の店主は、自分の生み出した理想のラーメンを出せばイイ。
わざわざ客にその理想のものを壊す可能性のある選択肢を与えなきゃいいのに。

もちろんお客さんは

「普通を頼む勇気を持とう!」

Erykah Badu 「Window Seat (Jimmy Fallon Live)」

  • 2010-03-27 (Sat)
  • PV

KiD CuDi 「Soundtrack 2 My Life」

  • 2010-03-27 (Sat)
  • PV

SEGA VS SONY 横綱には勝てなかった

  • 2010-03-27 (Sat)
  • RELE
どーも、64bit級のすごかったマシーン世代のSEGA派三四郎です!

当時、2Dなどのドット絵を得意とするセガサターンと

3Dを得意とするプレイステーションが

猛烈なシェア争いをしておりました。

”バーチャファイター VS 闘神伝” そりゃバーチャでしょと子供心に思ったものです。

CMも尖がった頭の宇宙人がワイワイ騒いでいて魅力的に見えたんです。

実際セガサターンの方が、しばらく販売台数でリードしいました。しかし ある日、大人の事情で自体は急転します。

そのモノ動けば島の形がが変わる2大巨頭のひとつ ”ファイナルファンタジーシリーズ” がプレステでの開発を発表したのです。

発売日には、もちろんありえないほど売れて、販売台数も大差をつけられてしまいます。

更に前々から、「ドラクエは売れてる方のハードでだします」と言ってた古のレジェンドもSONY側についてしまう最悪のケース。

結果はボコボコでございました。 

最終奥義の、セガとバンダイのフュージョン計画も、”たまごっち”がバカウレしてバンダイ側から振られてしまう始末。

そんなセガサターンから神ゲーを紹介したいと思います。
RPGのグランディアです。

ドットが得意ということで、3D空間に一つ一つ手作業でビーズのように色を散りばめていき、セガサターンでもここまで表現できるんだと知らしめた意欲作でございます。

「世界の端に、天まで届くのではないかと言われるドデカイ壁が存在し、向こう側をみたものもいなく、登ったものは帰ってきた試しはないが、主人公のジャスティンは壁の向こうに行ってみたい!冒険したい!!」という、お話。

その後PSにリメイクされたのは、またのお話・・・


話は戻りまして、そのSEGAは勝負に打って出ます。

どこよりも速い次世代機 ”ドリームキャスト” の発売です。

なんとコントローラーに画面があるという活気的な可能性を感じさせるデザイン!そして重量感抜群!重たいけど夢があればいいんだ!と言わんばかりの大きさ!

そうなんです、SEGAってハードにしろソフトにしろ作りが大雑把なんです。だけどそこに、”らしさ”があって愛されていたのです。

その後、PSと互換性のあるPS2が発売され、これまたボコボコにされます。

シェンムーとういう名作も生まれましたが、三部作で完結するはなしが、販売不振でⅡまでしか発売されないという負けっぷり。

この試合を最後にSEGAはゲーム機の開発から撤退します。

と同時に私もゲームというものから徐々にフェードアウトしていったのでございます。

Meth, Ghost & Rae 「Our Dreams」

  • 2010-03-25 (Thu)
  • PV

またか

連休中に24をコンプった流れで我が愛すべきジャック・ブラック物を。

オモシロイ作品とそうでないモノの差が激しいなぁと思ってる。

てか最近のほとんど後者だけど。


で、今回は『Year One』。

単純によかったね。最近の中じゃ。

深さなし。
トリックなし。
ジャック・ブラック度100%。

こういう要素じゃないとダメなんだろうね。



Year One

『Year One』

任務完了!

大学の時、毎週レンタルビデオ3本借りてた、四年間ずっと。

当時は、旧作3本1週間レンタルで1000円だったはず。

で、大学なんてほとんど行ってなかったから、レコード聴くか、リリック書くか、ビデオ見るって感じのなんとも充実した日々だったなぁ。


もちろんDVD無い頃なんでVHS。
金はないけど時間は腐るほどあったから、ビデオデッキに入れたらそのまま最初から最後までみる。
新作紹介や劇場予告まで。

DVDって簡単に飛ばせるから、劇場予告ってほとんど見なくなった。

今考えると劇場予告見てた時の方が、監督とか俳優とか、もちろん新作に詳しかった、間違いなく。

DVDで便利になった分、失ったものだね。

で、最近はDVDとVHSの容量の差と流行なんだろうけど、海外ドラマの第一話が特典で入ってるよね。
でも何度か見たくらいで、ほとんど見ずに返してる…

お得とは思うんだけど、なかなか見る時間がないし、どっちかというと借りたやつを消化するのに必死だから。


話がずいぶんそれたけど、先週から見始めた24のシーズン7、ただいま完了しました。
出てたの知ってたけど、手にとる勇気が湧かず、先週やっと手にしました。

24を見ながらこの記事に書いたことを思ったりなんかした。


で、一番強く思ったのが、オレの学生時代に海外ドラマブームが来てなくてよかった。

間違いなく廃人だ。


24 シーズン7

やっと勢揃い

世の中の勢いそのままに最後の砦、リッちゃんもTwitterに参戦だ!!!

右カラムにLINO Twitter追加したんでフォロー、ヨロシクです。

http://twitter.com/lino_1

Lupe Fiasco & Kenna 「Resurrection」

  • 2010-03-21 (Sun)
  • PV

オモシロイのないかなぁ

ずいぶん前に一度見た『COWBOY BEBOP』を久々にみてみた。

TV版て見たことないんだけどどうなんだろうか?

2時間だけ楽しめるアニメ教えてください。

COWBOY BEBOP 天国の扉

チョコっとパワーアップ

最近、ブログのアップもTwitterもままならず…

なんで少しだけブログをいじってみました。


とりあえずは外見ではサイドカラムのタイトルバーを設置。
特にデザインどうとかはないんだけど、なんとなく。


中身というか機能では、各記事にRetweetボタンを設置。
個別ページでもRT出来るようにしてみた。

 alt="RTボタン"title="RTボタン"

↑コレね。気になった記事があればジャンジャンRTしてください。


あとはサイドカラムにレコメンド欄を設置。
動きをつけたんだけど、下から上にって感じで。
もうちょい考えよう…


内部的なとこ、敢えて書く必要ないんだけど、最近、迷惑コメントが毎日100件くらい届いてて。
(海外サイトからの自動投稿みたいなやつ。)
なんでそれをガードするようにしてみたんだ。
今んとこ、大丈夫なんで、ひと安心。

盲進その日奇行癖出会いファイル”ボクん家”

  • 2010-03-13 (Sat)
  • RELE

岡山駅の地下道、バス・ステーションに抜ける階段だったかな?小じんまりとした所。

そこで演奏してた二人。 ギターボーカルと電子ピアノ。

なんか、二人の掛け合いが温かかった。良いコンビ。まさにボクん家。



明日、アルバム「アコースティック・ルーム」発売記念でCRAZYMAMA KINGDOMで17時半からイベントやってるそうです。

GO!GO!!

イントロ部分

あっリリースされてた

そういや宣伝し忘れてたよ。

お友達というか先輩、Nonofingersの3rdアルバムが2/18にリリース!

オレ個人的には、今までのNanofingersのサウンドは晴れた昼の車中BGMで一人テンションアゲながらって感じで楽しみます。


まだチェックしてないんで、こりゃ早くチェックせねば…

そういや最近、一緒に呑み行ってないなぁ。近いうちに誘おうっと。

nanofingers
Nanofingers 『Elephant, Some Bread, You and Me』

Tracklist

01. multiverse
02. Q suite pt.1
03. Q suite pt.2
04. we may have a hope -feat Forlkelig
05. satellite village
06. waltz for kina -Yuko nell
07. softly as a sunset,fiery as a dawn
08. perfect honeycomb
09. mishuku
10. gentle elephant
11. when a wall is crushed
12. prelude op.28,no.5
13. the wind began to blow

Nanofingers Blog http://nanofingers.blog.shinobi.jp/
Nanofingers MySpace http://www.myspace.com/nanofinga

企画MIX

3/10日(ミントの日)企画MIX!!

DJ KOSSIE & Vector presents「sex,lies,and super download file」


MINT率いるGNBのミックスCD、フリーダウンロードで本日発表です。

シャウトにHAGAKURE&LINOで参加してます。

チェックしないとでしょ、コレは。

GNB

GNB

Young Money 「Bed Rock (feat. Lloyd)」

  • 2010-03-08 (Mon)
  • PV

同い年くらい

ええっと、Twitterでブログアップを目標にしつつ結構長い間放置してた。

ようやくアップまで漕ぎ着けた…


で、忙しくバタバタとしてた中、最近観たモノの感想でも。


とりあえず観てしまうジャック・ブラック物、『Tenasious D』。

内容はロックの世界で成り上がる的な…

しかしこの内容の割には、ベン・スティラー、ティム・ロビンスと中々のキャスティング。


『The School Of Rock』の時に、そろそろヒップホップでこういう内容の映画(ある程度の制作費とキャスティング)が出来てもイイのになぁってのをまた感じた。で、BGMがずっとロック(ヘビメタ?わからんけど)なのは、予想以上にしんどかった…ストーリー自体も目が離せない内容でもないし。

ヒップホップの歴史を考えたら、まだもうチョイ先になるだろうなぁ…

でもこういう映画を見て音楽の世界に入れば、人とは違う何かがありそう…

ちなみにタイトルは、ヒップホップが生まれた年とオレの誕生日がそんな感じだったからね。



Tenacious D
『Tenasious D』

世界は結論なき未来へ

  • 2010-03-07 (Sun)
  • RELE
皆さん2010年宇宙の旅です。いかがお過ごしでしょうか?

iPADが日本は4月末に発売ですね!

TVでは電子書籍がスポット当たってたけど、どうなのか勝手気ままに摘む程度に考察しながら脱線していきます。

手に入らないプレミア価格の本が見れるってのは嬉しいんだけど単純に目が悪くなりそう。

最近の健康ブームを追い風にして、見れば観るほど視力アップに効果的なディスプレイってできないのか??

タバコを吸えば吸うほど健康になっていく理論と若干被る気がする。緩和はできるだろうけど。

現実的に考えると、目が脳に伝えて絵になる訳ですから 

脳に電気信号を送って映像を見せる方法が効果的でしょうか。

例を挙げると西暦3404年のムーピー・ゲームですね。

ムーピーというのは不定形生物で、人間の脳細胞をある超音波でくすぐって・・・一種の夢を見させます。

ちなみにムーピー・ゲームは残念ながら人間を堕落させるということで禁止され全て虐殺されてしまいます。

良い音楽も絵が浮かびますが・・・
 
 

過去の投稿一覧をみる

Home Archives ; March 2010