Home Archives October 2010

October 2010

ライブ情報

新曲を作成しておりますよ。

で、ライブの予定でも。

11/27 @ No.9
12/29 @ No.9

というのが決定してます。

とりあえずは新曲のみでライブセット組んでみよっかなぁ。


もう一個くらいライブ入れたいな。
オファーお待ちしております。

備前焼まつり

いやぁ行ってきた。

で、天気もサイコーにイイ感じ。

昨日の夜に、新譜のミックステープもCDに焼いてたから、万全の体制で備前焼まつりに。


で、まず備前について問題発生…というかちょっと困る。

駐車場がない…

例年より少し早めに行ったんで混んでるとは思ってたけど、にしても駐車場が空いてない。

伊部周辺は道も狭いので、一時停車して探すことも出来ず、もちろん駐車場入口で列をつくって待つことも出来ず…


おーい、備前焼まつりの主催者の方、年に2日しかない備前焼まつりなんだからもう少し駐車スペース確保の努力をしてくれ~


努力してんだろうけど、全然たりてない…

たぶんクルマの人で駐車場見つけれず帰ってる人も多いはず。


まぁ、どうにかクルマ置いたんで、あとは楽しもう。


メインストリートに入ってすぐ、藤田祥山村富貴子のブースを見つけた。

ふむふむ、藤田祥の地層シリーズはオモシロイ。
パッと見、地層シリーズは抹茶碗しかなかったっぽくて、入手断念…
ビアマグあったら、たぶん買ってた。

地層シリーズに興味ある方は、備前焼 七 -nana-さんで少し取り扱ってますよ。


で、少し進む…


次に細川敬弘のブース発見。

うん、イイ!

素朴であり、豪快であり、今っぽく現代的。
オールドスクールであり、ギャングスタであり、KANYEっぽい。

この例えあってんのか?


前の職場辞めるとき、後輩から餞別で細川さんの緋襷のぐい呑みもらってたから、
丸くてかわいいフォルムの胡麻のぐい呑み買ってしまった。

で、ちょっと細川さんと話をしてみた。


nanaさん、やっぱり細川さんはイイぞー!今度仕入れに行く時は連れてって!


なんかnanaの取り扱い作家ばかりに目が行くが、とはいえ、いろいろ物色して目に留まる作品作ってるのが、
たまたまnanaの取り扱い作家ということだった。

ということはnanaの品揃えはやっぱりイイんじゃん。

ただ素人受けはしないかも…
でも備前焼よく知らんけど、こだわりがある人は騙されたと思ってnanaの取り扱い作家の作品ゲットだな。

いや備前焼まつり、何回も行ってるけど、今回が一番イイものを見てる気がする。


そんなこんなで人の多さにぐったりしつつ、もう帰ろっかなぁとフラフラ脇道へ…

だいぶ進んでいったトコで、これまた奇遇にクリストファー・レイヴェンホールのブース発見!

実は、クリスのビアマグあったら買うぞ!ていう意気込みで今日は来てたんで、
帰る間際にクリス発見は嬉しい。


でもビアマグはなかった…

冬のコーヒー用にマグカップを2客ゲット!

クリスの造形はオモシロイね。いい買い物だ。
日用食器だけど、超イイ感じ。

で、ブログ書きながらコーヒー呑んでる…


来年はもっとお金持って、一人で電車で行こうと思ったね。
たぶんそれが備前焼まつりを一番楽しめる方法だろうから。

クリストファー・レイヴェンホール

告知

ええっとリリース情報です。

このブログでも何度か書いたんだけど、夏前にRECした曲がそろそろリリースです。

まずは、そのアルバムに収録されてる「PEN DEEP TEN DEEP」のPV。



2010年11月10日発売
M-IC OF BIGBANG 『CITY LIGHTS BOOX』


型番 NLP-002
販売価格 2,000円(税込)
レーベル NO LOOK PRODUCTION


 NO LOOK PLANのレーベルからの第二弾!
一曲KHACT BOMB CHOSSで参加してるよ。

「ILL ME NATION」という曲。
一応、他のMC名義の曲にKBC参加するの初めてということです。
三者三様でいい感じにバランス取れてんじゃん?

まぁお楽しみに。
ジャケとか詳細情報入ったら、またブログに載せます。

ヒューだな、やっぱ。

映画を観てると行ってる割にあんまりブログに書いてなかったんだけど、たまには。

今までの映画みた感想のブログでおわかりだと思うけど、一応、おさらい。

HAGAKURE3大映画スター+2大助演だと嬉しい俳優は、
①オーウェン・ウィルソン
②ベン・スティラー
③ジャック・ブラック
助演
④ヴィンス・ボーン
⑤ウィル・フェレル

上とは別枠、憧れのスター
◎ヒュー・グラント

うん、普通の人がこの人選を見たら、たぶんアホだと思われんだろうなぁ…


まぁ今日のDVDの感想は『ラブソングができるまで』。
ヒュー・グラントとドリュー・バリモアですな。

なんだろ、ドリュー・バリモアに惹かれてします…
この映画に限らず、ドリュー・バリモア、スキかも。
美人じゃないけど、なんだろ…

ドリュー・バリモアのこの不思議な魅力がわかる方はコメントください。


内容とか感想は、まぁ置いといて。

なんでオレがこのラインの映画を見続けるのかということを。
@CheapSickerとも、よく映画の話するんだけども、今日の美術館までの車内でなかなかイイ結論というかなんというか、そんなのに到達した。

それはたぶんオレは映画にサンプリングネタを求めてるんで、サンプリングしやすいモノを見てるのか?
ただサンプリングしやすいっていうのは、売れてない映画からパクったらバレないだろうとか、そんなんじゃなくて…
なんていうのかな、アイデアというかキャラクターのやりとりの間(ま)とか、会話や考えの持って行き方とか…
そういう脚本家と演者の技術的なトコ?

んん、文章にするのは難しい…

とりあえず言えるのは、まんまネタ使いをするためのサンプリングじゃなくて、インスピレーションに近い感じをオレの中でサンプリングって呼んでる?…

まちがいなくランボーとかターミネーターとかスターウォーズみたいな単語はオレのリリックには出てこないんで。誤解なく。



もう辞めた。説明するの無理だ…



なんでこんな内容を書いたかというと、
この『ラブソングができるまで』をみて、結構久々にサンプリングできたから。
このサンプリングをうまいこと曲にしてみようと思います。
曲を作るのが一番分かるしね…

ちなみに『ラブソングができるまで』、原題は『Music & Lyrics』といいます。
ちょっと気になるでしょ。

『ラブソングができるまで』

PHANQ ROWLLERZ 『THE PHANQ』リリースパーティー

もう一週間も経ってしまった…

てか、ブログアップするのサボり過ぎか…


先週末は、No.9のPHANQ ROWLLERZの1stアルバム『THE PHANQ』のリリースパーティーに。

その日は各クラブでイベントかぶりまくりっだったけど、No.9はそれなりに多くてちょっとテンションあがった。

FLYDAYの方々のライブを見てて、まぁいろいろ刺激をもらってよかったね。


アルバムGETしたんで、じっくり聴こうかな。
ちなみに今日の牛窓までの車内BGMは『THE PHANQ』だったのだねぇ…

あとこの日のナインでSIRAKABEをみれてよかったです。

PHANQ ROWLLERZ『THE PHANQ』

新たなオープン

Twitterではつぶやいたんだけども、瀬戸内市立美術館が10/1にオープンしたんで早速いってみた。

牛窓なんで市内からは軽いドライブ感覚で行ける距離なんで丁度よかった。

今日は天気も良くて牛窓のロケーションがよりよく感じれて行ってよかったね。
やっぱり初日ってのが大事だ。

で、何の展示会かというと【開館記念 佐竹徳展】。
正直、知らない名前だ…

牛窓のオリーブ園を100歳くらいまで描き続けた洋画家らしい。

初日に行った一番の理由は、この新しい美術館の初代館長にオレの前職の上司が就任されたんで、お祝いがてら。
オレが美術品に興味を持つきっかけをくれた方なんで。

約2年ぶりにお会いしたがお元気そうでよかったなぁ。
で、美術館で働くことってイイなぁと。

まぁ大変な仕事だと思うけど、ちょっと憧れる…

オレも頑張って学芸員、取ろうかなぁ…

そんなこと思いつつ…

10月、すでにヤバイ…

まずはリリック完成させよう!

瀬戸内市立美術館 開館記念 佐竹徳展

過去の投稿一覧をみる

Home Archives ; October 2010